0ヶ月

黄疸その後

この間、退院後の診察がありました。
検査結果は基準値内でしたが、また今度病院へ行きます。

生後二週間過ぎたから、後は黄疸は引いていくとは思うけど…とのこと。
でも、体の色が赤黄色に変わるようならすぐ診せるように言われました。

毎日沐浴や授乳のたびに肌色チェックしてますが、
黄色いような大丈夫なような…と次の診察まで不安があります。

母乳は飲んでくれてるようで、入院前はわずかにしか増えていなかった体重は増えていて、
診察時にはミルク足さなくても大丈夫!と言っていただけました。

母乳育児は自信がないのだけど、看護師さんに
大丈夫だから、自信持って!と励まされて帰ってきたのでした。

次の診察でも何事もなく、一ヶ月検診でも大丈夫だといいなぁ。

日々、抱っこするたび重くなってきたなとは感じるので、
成長してるんだなぁと感じます。

私も母親一年生。
一緒に成長していきたいです!


--------------------------------------
ランキング参加しています
にほんブログ村 子育てブログ 2013年4月~14年3月生まれの子へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

NICUへ黄疸のため入院

先週金曜日親子共々退院しました。
が、我が息子…黄疸が強いのが気になるから、
週明け診察を受けに病院へ来てと小児科の先生に言われました。

退院診察では黄疸以外は問題なかったみたいですが。
黄疸の数値、ギリギリでの退院だったようです。

確かに入院中、黄疸チェックに毎回ひっかかっては様子見って言われてました。

結局、月曜日に診察してもらったら、血液検査の結果、治療が必要な数値と判断されそのまま入院となりました。

紫外線を浴びせる光線療法を受け、
入院中は搾乳した母乳を届けて、面会時に授乳する状態に。
(母乳も足りなかったみたいで、ミルクを足すと言われました)

体の上下への照射は一日間、あとは背中への照射となり、
あとの一日は照射から外して数値が落ち着くかどうか診てもらいました。

はじめは入院と聞かされ、不安で押しつぶされそうに。
実際家に帰ってからボロボロ泣いてしまいました。

サングラスのようなもので目隠しされ(光が眩しくないように)治療を受ける息子を見たら可哀想で…

状況的には日サロみたいな感じなので、
不謹慎ながら笑えてしまう感も否定はできない。
先生にも日サロのような入れ物で治療しますと言われた時は、
思わず笑いそうになったけど、その姿を見た時はやはり笑えなくて悲しみのほうが大きかったです。

退院してすぐに離れてしまい、黄疸が重くなったらどうしようと
マイナスなことばかり考えてしまいましたが、とりあえず本日退院しました。

授乳に通ってる間、母乳もある程度飲めるようになったから
退院後は母乳だけでいいよとも言われました。

来週、経過観察でまた病院へ行きます。

黄疸の症状が出る話は多く聞きますが、
入院するとは思っていなかったのでビックリというかショックでした。

脱水症状もあってそれも伴って黄疸が強くなったようです。

「お母さんのせいじゃないよ」と言われても
なんだか悲しくて…

マタニティブルーも手伝って今はかなりマイナス思考に偏ってしまってます。

もっとまとめてわかりやすく書きたいと思ったし、
もしかしたらブログ書いてる場合じゃないとも思うのだけど
とりあえず不安を吐き出したくて書かせていただきました。

落ち着いたらまた入院について書くかもしれません。

今は隣ですやすや寝ている我が子…
何かあった時すぐに気付いてあげられるかな、
と不安はありますが、神経質になりすぎとも親に指摘されたので
穏やかな気持ちで向き合えたら、、、と思います!

--------------------------------------
ランキング参加しています
にほんブログ村 子育てブログ 2013年4月~14年3月生まれの子へ
にほんブログ村