妊娠生活

出産体験記2

出産体験期1からの続きです。

LDRに入って、ベッドに横になり、夫は持ってきていた入院の荷物を車に取りにいきました。

その間看護師さんがいろいろ準備をし始めていたけど、
段々陣痛の痛みが辛くなり、「痛い痛い」と訴えて、
看護師さんは準備しながら陣痛逃しをしてくれました。

この時は、子宮口は4cmくらい。

夫が戻ってからは、夫に腰をさすってもらったりしたけど、
ポイントがずれて若干苛立つ(笑
家でも陣痛中のことは話していたけど、具体的にどの辺りをさするかとか体勢とか
もっとちゃんと話し合っておけばよかった!

痛い痛いと訴える中、どれくらい子宮が開いているか看護師さんにみてもらうと、
9cm開いているとのこと。

この時点でたぶん11時くらいだったのかなー

「9cm!?もうこんなに開いたよ!早いお産になるよ!良かったね、頑張って!」と言われる。

看護師さんもこんなに早く進むと思わなかったみたいで
慌てて先生を呼びに行ったり、分娩準備を忙しそうにしていた。

先生も少し慌てた感じでやって来て、分娩についての注意事項等の
説明をはじめたんだけど痛みでそれどころじゃなく、付き添いの夫に聞いてもらっていた。

分娩中の私に及ぶ出血とかの危険とか、状況によっては帝王切開になるかも
みたいないろんなことを説明していたんだと思う。

なんか、ここで私の想像していた出産と違う・・・と思い始める。
母親学級で観たDVDでは陣痛中、食べられるときに食事を、ということで食事をしていたり
旦那さんと話していたり、なんとなく痛みが和らいでいる時は話せる余裕があると思ってた。

だけど、私の場合そんな余裕はなく、体を丸めて目を閉じて
ひたすら痛みに耐える状況。。。
室内や夫の顔を見る余裕もない。

夫にはずっと付き添ってもらっていたけど、どれくらいお産が進んだかを診てもらうために
先生の内診の度に「パパは一回外へ」と何回も繰り返すから、
夫に何回も出たり入ったり悪いな、と思ったのと、部屋に来ても夫の行動が
のんびり映ってまたここでイラっとしてしまい、「もういいから部屋の外にいて」とお願いしちゃいました。

バースプランでは立会出産は「考え中」だったんだけど、結局ここで立ち会わない状況となりました。
でも、考える余裕がなくてずーっと痛いしか言っていなかったから
立ち会ってもらわなくてもよかったかも。

なので、「じゃあ、分娩は一緒に頑張ろうね」と
看護師さんに励ましてもらいながら出産することに。

もうダメだ~早く終わらないかなーって思っていたところでやっと
「分娩しましょう」と先生に言われ、ベッドが分娩台に早替わり。

それからは記憶が曖昧なんだけど、いきむ感覚があまりわからなくて
半分怒られ気味にちゃんといきまないと!みたいなことを言われ、
早く進むと思われたのに、赤ちゃんがおりて来ないようで
先生と看護師さんが会陰切開はどうするかとか吸引にするかとか話し合ってて、
私としては早く!早く出て来て~!という感じでもう何がどうなっているのか分からない感じ。

でも、「あ、雨が降ってるなー。今日は台風が近いんだっけ」ということはぼんやり思ってた。

あとは、酸素マスクも付けられて頑張っていきむように言われ、
最終的には、吸引するからと説明されて、赤ちゃんを取り出す先生と、
私のお腹を押す先生と二手に分かれるのを見て、
あぁ、いよいよなんだ!と思った瞬間、吸引で我が子が誕生!

我が子が出てきた瞬間、泣き声が聞こえたと同時に
「もういきまなくていいよ!」と言われる。

泣き声を聞いた時、あぁ無事に生まれてきてくれたんだ、よかった、と思うが、
自分自身が泣くんだろうな、と想像していたとのは違って、特に感動の涙を
流す・・・ということはなく、「やっと終わった」と感じたのが最初の感想かも。

カンガルーケア推奨の病院なので、カンガルーケアをして、
その後我が子は体を拭かれたり、体重測ったりして、
その後に夫や実母、義母が待っている待合室へお披露目に連れて行かれる。

それから私の後処置がはじまって、会陰切開の縫合をしてもらう。
ここでも「痛い痛い」を繰り返し、ちょっとパニックになる。
麻酔をしてもらったのに、痛いなんて・・・と思っていたら麻酔が効かないところまで
裂けたらしい・・・

吸引分娩だったのもあり、相当裂けた、と説明を受ける。。。
これにはかなりショック。
実際、入院中二日目くらいまではすごく痛くて歩くのもままならず、
座るのも辛かったです・・・
シャワーも洗うの怖かったなぁ。。。

かなり裂けたので処置に結構時間がかかる。
そんなこんなで母親とかが私のもとへ案内されたのが生まれてから1時間以上経ってから。

母親や義母に見舞われた後、18時頃夕飯が運ばれ、ご飯を食べた。
夫は朝から付き添いで疲れたのかソファで寝てた。

ご飯を食べた後、病室へ案内するから、と言われるが、貧血で動けない。
立ちあがると眩暈と息切れでフラフラになっていた。
後からわかるんだけど、出血量が多かったみたい。
貧血で動けないためもうしばらく休んでから移動する、と看護師さんに言って
そこから2時間くらい休ませてもらう。

そうしてやっと病室へ行けそうな時に赤ちゃんを連れてきてもらい、
一緒に病室へ。。。夫は少し病室にいたけど病室での面会時間も過ぎていたので帰宅。

我が子と二人きりになって、小さな我が子を見て、
今日産んだんだなーとしみじみ感じるんだけど、実感があんまり伴わない。

可愛いなーとは思うんだけど、これからの育児が想像できなくて
不安のほうが大きかった気がする。

それからは入院中、授乳と疲れとの格闘へ入ります。
入院中からマタニティブルーになり、退院後も産後うつになりかけたと言っていいくらい、
ブルーな状態が続きました。

けれど2ヶ月経った今、こうやって振り返る余裕も出てきたし、
育児もだんだん楽しめるようになってきたし、不安がっていたばかりの
当時の自分へ「大丈夫だよ!」と言ってあげたい。

最後に・・・

★私が病院へ提出していたバースプラン

 ・LDRのグッズを使って陣痛を乗り切りたい
 (テニスボールとかバランスボールとか貸し出しがあった)
 ・アロマを焚きたい(これも病院で貸し出しあり)
 ・夫や実母に腰をさすってほしい
 ・出産後胎盤を見たい
 ・出産後赤ちゃんと夫と3人で写真を取りたい

ここでバースプランが叶ったのは、「胎盤を見たい」だけ。
写真は赤ちゃんと二人で撮れたけど、夫が入っていない。これは残念だったなぁ。

胎盤を見たい、と思ったのは母親学級で胎盤を見たいとバースプランに
書く人もいるよ、と知ったのと、最初で最後の出産になるかもしれないから
胎盤なんて見ることないだろう!と思ったから。

胎盤は、思ったより大きかった。
看護師さんに「きれいな胎盤」と言われ少し嬉しくなった。
とはいえ、内臓だからグロテスクなんですけどね~^^;

こんな感じで、心の準備もなく、出産途中何も考える余裕なく
半分パニックというか、私にとっては慌ただしい出産となったのでした。

陣痛のはじまりから生まれるまで11時間32分。
早いほうだよーと言われたけど、あの時間をもう一度経験して!と言われると
ムリ!と思う。

時間が経過すれば二人目欲しい!とかなるのかなぁ。

以上が私の出産体験記でした。
お付き合いありがとうございました。



--------------------------------------
ランキング参加しています
にほんブログ村 子育てブログ 2013年4月~14年3月生まれの子へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

出産体験記1

【37w2d】生まれました、というタイトルで出産について少し書いていますが、
備忘録も兼ねてもう少し細かく出産について体験記として書きたいと思います。

私もいろんなブログの体験記を読んで出産に備えたので、少しでも
訪問してくださったこれから出産の妊婦さんの心の準備のお役に立てれば・・・と思います。

もう2ヶ月前のことで今さら感もありますが^^;
よければお付き合いください~

-***------------------------------------------------------------

予定日より3週間ほど早い出産。
37週での出産でした。正期産に入って間もなくだったので、
心の準備が出来ていなかったのが正直なところ。

そんな感じだったので、何が何だかわからなくて実感を得る間もなく
出産終了~子育て突入となったのでした。


【出産前々日】
義母に「楽天の試合を観に行かないか」と誘われる。
どうやら一緒に行く人の都合が悪くなったらしい。
えっ?こんな時期に?と思ったけど、義母は何かあったらすぐに病院へ
行けば大丈夫!くらいの気持ちだったらしい。

が、お腹の張りもあったし、ナイターで寒いので断りました。
この時野球観戦に行っていたらこの日に生まれちゃってたかも!?

そしてこの夜、破水のような?チョロっと何かが出た感じがしたので病院へ。
結果「おりもの」で終わる。
予定日まではまだまだだけどもう生まれるのでは?とドキドキ。

この時から予感があったのかな?


【出産前日】
生理痛のような痛みを感じる。
朝食後のトイレでうっすらとピンク色のものが下着についた。

おしるしかな?と思いながら過ごしていたら、トイレに行くたび
出血があるようになった。

これは出産が近付いているのかも、と益々ドキドキしてきて、
緊張感が生まれてきました。

この日寝る前に夫に「何かあったら起こしてね」と言われる。


【出産当日】
深夜3時頃、生理痛の重い感じの痛みで目が覚める。
トイレに行ってベッドに戻るが痛みで眠れない。

だいたい15分間隔くらいで痛みがあった。
この時、夫は起こさずそのまま布団にくるまって痛みに耐える。

5時頃起きて病院へ電話。
週数と痛みの間隔を言ったところ、「まだ生まれないと思うから様子を見て、
我慢できい痛みになったらまた電話ください」と言われる。

夫に「大丈夫?」と声をかけらるが、そのまま夫はまた寝ちゃった。

リビングで少し時計を見ながら呼吸を整えて、またベッドへ戻る。

8時前後にやっぱり痛みが引かないので、時計を見ながら間隔を測るが
10分とか15分とか短くて7分とか間隔が定まらない。
けれどだいたい10分くらいの間隔。

少しお腹が空いていたのでヨーグルトを食べてから、また病院へ電話をしてみた。

病院の方は「まだまだ」の感じで言うが、初産で不安もあるだろうから、
とうことで病院へ来てください、と言われる。

夫を起こすが、夫も前々日に病院へ行って何でもなかった、という経緯から
「まだじゃない?」という感じでのんびりしてた。

けれど、早く病院へ行こうよ!9時頃着くって言っちゃったよ、と
夫を急かして病院へ。

9時頃病院に到着。
早産の疑いで病院へ行った時は車いすで病棟まで連れ行ってくれたが、
今回は出産の傾向だから?普通に歩いて病棟まで連れて行かれる。

歩いている途中も鈍痛があって「ゆっくりでいいですよ」と看護師さんに声をかけられる。

そして診察室に案内されて、内診。

「子宮口はまだ2㎝しか開いていないからまだまだですね」と言われる。

結構お腹は痛くなってきたのにまだまだなの?
じゃぁいつなの?と心の中で思う。

内診のあと、赤ちゃんの様子を見ましょう、とNSTのモニタを付けられて
ベッドに横になる。

横になっている間看護師さんから今の状況の説明を受ける。
まだ子宮があんまり開いていないから、今入院しても日をまたぐとその分入院費もかかるから、
一旦帰宅して様子見たほうがいいですよ、と言われる。

そっかー。このまま入院したい気分だったけど、入院費の事を言われて、なるほどねと思う。
「帰れ帰れ」って言われている気分でちょっと嫌だったけど、そんな悪気があったわけではなく
入院費の問題か~と理解する。(他にも理由はあるのだろうけど)

ここで「今日は実家に荷物を運んだりしようと思っていたが出かけてもいい状態なのか?」と
看護師さんに聞くと、「それはちょっと・・・あんまり無理しないほうがいいですよ。
実家は近いの?」と聞かれて、一旦帰ってとは言われたけどあんまり動き回るなって
ことなんだなぁと鈍い私はここで理解をするw

じゃぁ家でおとなしくしてよう、お昼買って帰ろう、何食べようかなーと
ヨーグルトしか食べていなかった私は食べ物のことばかり考えてた(笑

モニタが終わるまでもうちょっとだよ、何かあったらナースコールを、と
言われて看護師さんが離れて間もなく、

パチン!

とはじけて破水したのがわかりました!

さっきまで「まだまだ」と言われていたのに?
自宅に戻るつもりだったのに、今破水?とちょっとパニックに。

ナースコールがあるのに、パニックになっていた私は
「すいませーん」と看護師さんを呼んでいました。

「すいません、破水しちゃったみたいなんですけど」と報告し、
看護師さんも「破水しちゃったのね~。じゃぁもう一回診察してもらおう」と
先生を呼んでくれ、病院着に着替えたあともう一度内診したところ、子宮口3㎝、と言われる。

「破水したからこのまま入院ですね。帰宅しなくてよかったね」と言われる。

待合室にいた夫は「入院になったから入院手続きを」と言われ、びっくりしたみたい。

私はそのままLDR(陣痛分娩室)へ案内されて分娩に備えることとなったのでした。

長くなったので、出産については続きます。。。


--------------------------------------
ランキング参加しています
にほんブログ村 子育てブログ 2013年4月~14年3月生まれの子へ
にほんブログ村

【37w2d】生まれました

昨日の10月20日、男の子を出産しました!

おしるしの後、20日の夜中から陣痛と思われる痛みがあり、
5時頃病院へ電話し、様子見となりましたが
痛みが増すし間隔も10分くらいに。
8時頃再び病院へ電話し、9時頃到着。

子宮口2cmだからまだかなーってことでいったん帰宅の話に。
でもNSTで確認中、破水!
今回は明らかに破水と確信!

急遽入院。

それから一気に子宮口が開いて、14時27分に生まれました!

安産で良かったねって言ってもらったけど、
何が何だか分からないうちに終わったので
出産後は感動というより、あれ?終わった?と放心状態。

とりあえず無事に生まれてくれて良かったです。

今日は母乳をあまり飲んでくれず、寝てばかり。
その隙間に報告でした~
--------------------------------------
ランキング参加しています
にほんブログ村 子育てブログ 2013年4月~14年3月生まれの子へ
にほんブログ村