2017年04月

肌着を買いに。



ちょっと前にユニクロで息子の肌着を買ったのに、名前付けようと思って袋から出してしばらく放置していたらどこかに行ってしまった…

ゴミと間違えて捨てた?
いやいや…家の中にあるはずなのに、見つからない…。
不要なもの捨てたりして片付けたつもりだけど、クローゼットの中はまだごちゃついてて、その中に埋もれてそうだけど何度探しても見つからないんだよね。

ユニクロのメッシュタンクトップ気に入ってて、デザインも好みで買ったのにー。

もう一回買い直し?の前に、パンツを買わなくては、とまずはバースディに行ったのですが、やっぱりトップの肌着も欲しくてバースディに好みのものがなくてパンツだけ買い、イオンにも見に行きました。

そして、祖母が家庭菜園の肥料が欲しいとのことでまた車を出し、ホームセンター近くのユニクロに行き、結局タンクトップを買ったのでした。

肌着のために三軒ハシゴ笑
ユニクロでは白無地のメッシュタンクトップにし、パンツも三枚で390円だったので買いました。ステテコも500円、レギンスも限定価格の590円でお得でした。

バースディでの目的はトーマスの二枚組パンツが500円、というのを広告で見て。

イオンではグンゼのランニングシャツだけ。
イオンに行くとガチャガチャかゲームセンターに行く羽目になるのですが、案の定ゲームがしたい、と息子。

息子の言うゲームとはクレーンゲーム類。
すくって目的のものを落とす?ゲームでミニトミカや車のおもちゃをゲット。
買うのと同じくらいお金使ったかな。



とまぁ、肌着買うために三軒ハシゴし、ゲームしたり寄り道が多かった一日でした。

肌着のサイズは100にしました。
ジャストサイズだと思うけど、パンツはなんだか大きく見える。
最近まで90のトレパンばかり履かせてて、細身だから90でもイケる!と思ってたら、今朝着替える時お腹周りにゴムの跡がくっきりだったからキツかったんだな…と焦ってサイズアップしました。
お尻は余る感じなんだけどね~

肌着…男の子のものはだんだんデザインが地味になっていって寂しいなー。

ちなみにブリーフ、ボクサーブリーフ半々で買いました。
私としてはボクサーブリーフが好きです笑




--------------------------------------
ランキング参加しています
にほんブログ村 子育てブログ 2013年4月~14年3月生まれの子へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

妊娠、そして初期流産の話。

タイトル通り、3月に妊娠がわかり、その数週間後に流産しました。

暗い話になりますが、もう少しで1ヶ月経ち、流産後の診察も終わったということもあり、たった数週間でも居た命のことを書き残したいと思います。
ちょっと長くなります。

---------------------------------------------------------------
私の場合、進行流産→完全流産(自然流産)となりました。
8週位だと思うのですが、診断書では「6週」となっており、大きさ的に6週位だったんだろうなぁと思います。

3月にディズニーランドに行ったのですが、その旅行の時に「生理にぶつからないといいなー」と思ったのが妊娠判明のきっかけとなりました。
旅行の時までに来なかったら遅れすぎじゃない?まさか??という感じでした。

旅行から帰ってきて、検査薬で調べたところ薄い反応が。
まだ病院行っても胎嚢が見えるかどうか微妙なころかな?と思いその1週間後位に近くのクリニックへ行きました。
その1週間後でもまだ微妙だったようで、胎嚢は見えたけど「胎嚢だけ」だね、と言われ週数的に胎嚢も小さいし、このまま流産の可能性も否めないというようなことを言われ、始めから不安だらけの日々を過ごすことになりました。。。

今思えばここで大体のことは決まっていたのかな?
頑張って頑張って大きくなったけどお空へ帰ってしまったのかな?と未だに思います。

心拍確認できるまでは不安で不安で、毎日検索魔になってました。
息子の時も、初期のころ期待したほど成長していないことがあって検索魔になっていて、検索してもマイナスなことしか見ないからいっそのこと見ないで過ごしたほうがいい、と散々学んだはずなのに同じことをしてました。

初期流産は妊娠全体の15%程度に起き、40代の流産率は40%というのは息子の時から調べていたし、今回改めて検索して理解していましたが、自分の身に起きると「まさか」「どうして?」としか思えない状態でした。
流産自体、染色体異常が多いことが原因だから「○○したから」とかお母さんがいけないとか自分を責めてはいけないと、ネットでも病院でも言われましたが、ここしばらくはクヨクヨと考え込んでいました。

私の場合は、心拍は確認できましたが、微量の出血から始まり、だんだん量が増え生理のような状態になり、そのまますべて出て、自然流産となりました。

出血は息子の保育園の卒園式の日に始りました。
出血は卒園式にそろそろ行かないと!というタイミングで始ったので、そのまま卒園式に行き、帰りにクリニックへ行きここまでは赤ちゃんの無事が確認できました。
この時心拍も確認できました。先生は「安静にするしかないね。何かあったら電話してね」と言っていました。

次の日になっても出血は止まらずクリニックへ電話すると「もう安静にしているしかないんだよ」と半ば怒られ気味に言われました。
初期流産はどうしても止めることはできないから病院へ行っても仕方がないということは分かっていましたが、例えば「大量に出血したら~」「お腹が痛くなったら~」という場合のことを言ってくれたらあんなに不安で心細い時間が過ごさなかったのにな、と思います。

この日は息子は夫と夫実家へ行ってもらっていました。
朝からお腹が痛くて寝込んでいたので。。。
一人で横になっていたのですが、夕方トイレに行くと大量出血。

びっくりして、どうしよう、このまま様子見・・・?と不安が倍増に。

とりあえずクリニックとは別の分娩予約をしていた病院へ電話してみました。
(クリニックはもう閉まっていたので)
状況説明すると「病院へきてください」とのこと。

タクシーで病院へ行き、夫には病院へ行くことになったと電話。

診察してもらうと、胎嚢がもう子宮口まで来てて出かかっていると言われました。
「そのまま留まって妊娠継続の可能性は?」と聞くと、「うーん、厳しいです。」とのこと。
このまま自然に出てくるのを待ってみて、なかなか出てこなかったら流産手術をしましょうと言われました。

自宅に帰って出てくるのを待つのもいいが、出てくるまでかなりの腹痛を伴うこと、大量出血になって具合が悪くなる可能性もあり、子どももいるから自宅でお世話しながら・・・というのは無理なので家で休めないなら入院したほうがいいのでは?と言われ入院することにしました。

2泊3日の入院。
息子はその間夫実家で見てもらうことになりました。
家で息子といてもかまってあげられないしと思って入院したけど、夫実家に夫と泊まらせて「ママがいない」という状況に置いたのも後々かわいそうだったな・・・と思いました。
・・・どのみち出産時はそういう状況になるんだけどね、でもこの時は自分のことしか考えられなくて息子にホント申し訳ないことをしたな、という後悔ばかりの日でした。

看護師さんが痛みが和らぐようにと湯たんぽを持ってきてたおかげもあったのか、それとももう流産が進んで終わりに向かっていたのか、入院生活が始まるとお腹の痛みは弱くなっていきました。
自然流産は激痛と共に内容物が出てくる、と聞いたので覚悟していたのですが、私の場合はそれほどでもなく、最終的に入院3日目の診察で子宮の中にほとんど残っておらず、先生の処置で診察は終わり、手術は不要と言われました。

退院後もしばらく出血しましたが、10日ほどで収まり、流産後の診察で子宮の状態は問題なしと言われました。
入院中に診てもらった時の子宮の内容物の病理検査も異常なしでした。

先生には次妊娠を希望するなら2回生理を見送って、と言われ、私自身迷っているのもあるので今後どうするからわからいのですが、「年齢的に焦るなら・・・そうね・・・1回生理来たらタイミング取ってみてもいいよ」と言われました。

思い返すと、2月終わりから3月にかけて息子の赤ちゃん返りがはじまって、保育園卒園→幼稚園入園だから不安定なのかなぁ?と思ってましたが、息子なりに私の変化に気づいていたんですね。
先にも書いたけど、妊娠がわかってから私自身に余裕がなくなって、甘えたがる息子に冷たくしてしまったり、ちょっとしたことで怒ってしまったりと謝っても謝り切れないな、と思っています。

入院中、話を聞いてくださった看護師さんはとっても良くしてくれて、私の話もうんうんと聞いてくれ、「自分のことを責めたりしないで」と何度も言ってくれ、息子について私が冷たくしたことも私を責めたり説教するでもなく、受け入れてくれ「息子ちゃんのことおうちに帰ったらいっぱい抱っこしてね。ママが大好きだからね」と優しく言ってくれて、涙が止まりませんでした。

なんだかとりとめもなく思い出しながら書いてるのでまとまりがない気もするけど・・・
ちょうど最近「二人目生まれました」という話も聞いたりしたこともあり、心はまだ穏やかではいられないのですが、他の方の妊娠出産話を聞くと、すべてが順調です、というものではないということを自分の経験も含めて改めてそうだよな、と思いました。

なので次に向けてのことはまだわからなくて、一時は一人っ子でいいや、と思っていたのに、今回の妊娠で「生みたい」という執着心があるのも事実で・・・
このあたりのことはまた別にまとめて書きたいなと思います。

数週間の命だったけど、私のところに来てくれてありがとう、と思うまで正直時間かかりました。
何でいなくなったの?なんでなんで?ばかりでした。

読んでいる人は少ないブログですし、参考になることは書いていないけど、「こういうことがありました」ということで、「ここに同じような経験をした人がいるんだ」と励みになれば・・・と思います。
・・・励みになること書いてないか(-_-;)
まぁ、一人じゃないんだよ!って言いたくて。これは自分自身にも言い聞かせていること。

ありがとう。

--------------------------------------
ランキング参加しています
にほんブログ村 子育てブログ 2013年4月~14年3月生まれの子へ
にほんブログ村

お絵かき

家ではお絵かきや粘土はそんなにしない息子。

保育園ではお絵かき粘土は楽しくしてたみたいだから、幼稚園でもするかなー。

そんな息子が先日描いてくれた私の顔。



アンパンマンのお絵かきボードに描いてくれた。

「誰かな?」と聞いたらママだよ、と返って来ました。
保育園卒園間際に顔は描けるようになってたみたい。
卒園文集の自画像もちゃんと顔になってました。

子どもに自分の顔を描いてもらえるときがきたんだなぁと嬉しくなりました。



ちなみにこれは、チャギントンのハンゾーだそう。
なんとなくそんな感じに見える気がするのは親バカ目線だからかなー笑
--------------------------------------
ランキング参加しています
にほんブログ村 子育てブログ 2013年4月~14年3月生まれの子へ
にほんブログ村

木の室内創造あそび場 「感性の森」へ行ってきました。

今年3月にオープンし、地元のニュースで見て気になっていた、「木の室内創造あそび場 感性の森」というところへ行ってきました。

自然から遠ざかった子供達のために作られたあそび場とのことで、遊具は木製。
各ゾーンにテーマがあり、岩場、湖、あぜ道…など名前がついた遊具があり、それは階段だったり、すべり台だったり、切り株の飛び石だったり…自然の中にいるようなあそび場でした。

入り口に迷路があり、そこでまずテンションアップの息子。

受付のあと、入ったら、わーっと駆け出した息子。相当楽しかったみたい。
ずーっと走る走る…動きっぱなし。

木のボールプールは気に入った様子。
大人は木のボールの上を歩くとツボ押しされたみたいに痛い笑

ボールプール脇の小屋にあった気を積み上げて遊ぶのも楽しかったみたい。

天気悪い日はここで遊ばせるのいいなーと思いました。

料金は、付き添いの大人は450円。
子供は1時間300円。延長は1時間100円。
大人の延長料金はなし、というのがいいですよねー。
ここは錦ヶ丘という場所にあるのですが、地元の子は延長料金無料とのこと。
うちは地元じゃないので該当せず。

小学生まで対象みたい。
ま、見た感じ小学校低学年くらいまでかな、楽しいのは。大きくなったら物足りない感じかも。

他の有料キッズスペースと比べると、規模は小さいけど料金は安いし、自然に近いところが良いところだと思います。

たくさん動いたので帰りのマック(最近毎週行ってる)では食べてる最中から居眠り。
車では爆睡でしたー。




--------------------------------------
ランキング参加しています
にほんブログ村 子育てブログ 2013年4月~14年3月生まれの子へ
にほんブログ村

バレーボール

息子の幼稚園のバレーボール部の見学に行ってきました。

バレーボールは好きで小学校の時はスポ少っていうのかな?クラブに入っていました。
6年生の時転校して辞めてから中学は陸上部に入ったから、後は球技大会で楽しむ位だったけどね。

見学とはいえ、練習にガッツリ参加した感じになり、久しぶりに体を動かしました。

バレーボール楽しい!
でも、仕事始めたら練習にあまり参加できないかも。

始めるならシューズとか揃えたいなーとか色々思いを巡らせてます。

久しぶりにレシーブ、サーブしたら腕が打撲状態になり、腫れてます…。
知らない人が見たら引くレベルだよ、きっと。

ママさんバレーのママさんたちは私より若いけど、年齢を気にすることなく話しかけてくれるのですぐに打ち溶けられそう。

私が小学校の頃とルールが違うところが若いママさんとの世代ギャップかな笑

一応入部みたいな感じになってるけど…
体は動かしたかったからいいきっかけになるかなー。

しばらくぶりのバレーボール。
体は覚えていて意外と動けるもんですね!

--------------------------------------
ランキング参加しています
にほんブログ村 子育てブログ 2013年4月~14年3月生まれの子へ
にほんブログ村

虫歯が二本

この間定期検診でフッ素塗布とシーラントしに息子を歯医者に連れて行きました。

歯の状態を診てもらったら、
「あれ?これは…虫歯かも」
「先生に診てもらいましょうね」と
衛生士さんの言葉…。

先生に診ていただくと、でき始めの小さな虫歯だから少し削るだけてのこと。

幼児は歯が柔らかく虫歯の進行も早いから気をつけて診て行きますねと言われました。

というわけで次回GW前に虫歯治療開始の予約を入れました。

虫歯…と聞いて、もう⁈とショックでした。
虫歯に罹らせてしまった、というのともっと歯をちゃんと磨いてあげれば良かった…という後悔もあったけど、歯磨きイヤイヤだったもんなーと息子のせいにしてしまう罪悪感がありました。

0歳児の時点で大人と同じ箸で食べさせなきゃよかったーと思っても時すでに遅しよね。

虫歯は一本ならまだしも二本。
うわーショックだよ、ほんと。

先生にはおやつは悪いことじゃないけど、あげる時間を決めてくださいと言われました。
歯科検診でも確かにダラダラ食いが虫歯になりやすいと聞いたなぁ。
食べる回数が多いと食べるたびに出る酸が歯を溶かすとかなんとか…

チョコも飴も食べるようになったしなぁ。

もうこれ以上虫歯増やしたくないな。
治療は息子がつらいだけだもんなー。

息子は噛み合わせも心配だし、歯医者とはしばらく縁がありそうだなー。

あ、私も歯医者行かなくちゃ。

歯は大切に…ですね、ほんと。


--------------------------------------
ランキング参加しています
にほんブログ村 子育てブログ 2013年4月~14年3月生まれの子へ
にほんブログ村

保育園卒園→幼稚園入園

幼稚園入園して一週間経ちました。
小規模事業の保育園から幼稚園へ。

保育園卒園の話からはじめます。
3月31日卒園式。
園児は少ないので教室で証書をもらい、子どもたちの歌があり、親からそれぞれ一言ずつという流れで最後にDVDでスライドショーを見て終わりという流れでした。

DVDはプレゼントで貰えて、卒業文集もありました。

担任の先生から文集を受け取る時、子ども一人一人へメッセージがあり、先生も涙声で…。式前から泣いちゃうよね~とは言ってたけど、私、ボロボロ涙が溢れて結構泣いてしまいました。

親としての一言を言う時も、いろいろ思い出したら泣けてきて…。

そんな感動に浸る私とは逆で終始ふざけてた息子。
隣りの泣きそうな女の子に変顔してちょっかい出すし…

卒園て分かってないのかな?と思いましたが、後々考えてみると息子なりの照れ隠しだったのかなーと思います。

二年間、息子は先生方から愛情たっぷり受けて、私も相談しては助けられ、ここの保育園で良かったなー!と思いました。

隣りの幼稚園に行くとはいえ、卒園したくなかったー!

保育園ママさんたちとも後半和気あいあいと出来て、お別れ会開いたり、担任の先生へのプレゼントとしてアルバム作りを一緒にしたりと楽しい時間を過ごせて良かったです。

またみんなで集まれるといいなぁ。


そして幼稚園入園のこと。

入園式は、息子グタグタでした。
みんなちゃんとしてるのに、途中からまだ終わらないの?と式中言い出して…
だらんと椅子から体を投げ出すから抱っこしてました…
抱っこしてたのうちだけだよー(;´д`)

園長先生の祝辞にも「遅いよ(話が長いよ)」を繰り返し…
式後の教室でも一人だけ上着脱いで、まだー?もう帰る!の連発。

部屋が暑かった、寝不足で不機嫌だったんだろうなとは思うけど、だからあれだけ早く寝ようねって言ったでしょー!と怒りたかった。

反抗期真っ最中でほんと疲れた入園式でした。

次の日からの登園では二日間は朝幼稚園の玄関で泣いて、ママー!と甘えモードでしたが、迎えに行けば笑顔だったので朝だけ泣いた感じです。

保育園行ってたから泣かないと思ったけど、人数増えたし環境変わったしやっぱり不安だったのかな。

3日目からは泣かずに登園。
同じ保育園からの子もいるからそれが心強いみたい。

もう少ししたら給食が始まって、午後までになります。
午前保育はあっと言う間!

これからみんなと仲良く、楽しい園生活になりますように!


--------------------------------------
ランキング参加しています
にほんブログ村 子育てブログ 2013年4月~14年3月生まれの子へ
にほんブログ村

ハッピーセットとプレイランドに夢中になった息子。

昨日は晴れて暑かったー。
お花見したかったけど、洗濯いっぱいしていたらお昼近くになり行く気が失せてしまった。

昼はマックでいいかー、と行ってみたら、ハッピーセット、トミカのやつ始まってたのね。
ちょうど良かった。息子の興味のあるおもちゃで。



プレイランドがあり、何回も滑り台を楽しんだ息子。
最初上までなかなか登れなくて、周りにいた年上の子に助けられてた。
子どもってこういうところで自然と一緒に遊べるからすごいね。

ちょっと前までの息子なら初対面の子とはなかなか一緒に遊べない感じはあったけど、最近は同世代らしき子とは公園とかで自然とやりとりしてる。

幼稚園でも仲良くやってるのかなー。

このプレイランド。
夢中になりすぎ、トイレを我慢してたみたいで、この後おもらしをした息子。
しかも大きい方!
大きい方だから床が濡れたとかじゃないのがまだ良かったのかな?
もー、焦りました。

遊びに夢中になるとなかなかトイレを教えてくれない。

まだ遊びたかったと言われたけど、トイレで着替えて帰りましたよ~

--------------------------------------
ランキング参加しています
にほんブログ村 子育てブログ 2013年4月~14年3月生まれの子へ
にほんブログ村