雑誌kodomoeの付録絵本にはまる

ちょっと前に「毎日10分、絵本のちから。」のキャッチコピーに惹かれて買った雑誌、kodomoe(コドモエ)。



読み聞かせの時間が少ない気がする…
どんな絵本がいいのかなー?
と日々思うことがあり、こちらの雑誌を読んでみました。

年齢別絵本ガイドの年齢はあくまでも目安なんだけど、絵本選びに助かりました。
息子にはもうちょっと起承転結がある本を読んでみようかな、と思いました。
うちにある絵本、見てみると1~2歳にかけて読む本が多い気がするので。

雑誌についてきた絵本は息子の好みに合うかなー?と思いましたが、どハマりして、毎日繰り返し読んでいます。

おすしのずかんは、寿司ネタを注文しながら元の魚がわかる…という内容。
お寿司自体はまだ食べさせてないけど魚の絵を見て「鯖は食べたことあるね」と語りかけながら読んでいます。

「ごちゅうもんは、なににしますか?」
「かしこまりました。しょうしょうおまちください」
のフレーズが好きみたいです。

ノラネコぐんだん空を飛ぶ、のノラネコシリーズ本屋さんで見たことあると思ったら、このkodomoeが元みたいですね。

先日飛行機を見に行った時、「ねこちゃんの飛行機だね」と言ったのはこの絵本の影響です。

息子には難しいかな?と思いましたが、好きなようでだいたいのフレーズは覚えて自分で読んだりもします。

付録絵本にこれまで興味持ってくれて嬉しいです。
雑誌代で絵本二冊分得した気分です!

この雑誌を買った後本屋さんに行ったら、ノラネコぐんだんシリーズの絵本、息子の好きな汽車がテーマみたいだったので買ってみました。



これも大好きでここ最近のヒットです。

そんなに絵本はたくさん買えないけど、借りたり時には古本屋さんを見たりしていろいろ読ませてみたいと思います。

ちなみに、来月発売のでkodomoeの付録に「でんしゃのずかん」の絵本が付録なので買う予定ですー。

その時はまた「でんしゃのずかん」の毎日になるんだろうなー。
関連記事
スポンサーサイト
--------------------------------------
ランキング参加しています
にほんブログ村 子育てブログ 2013年4月~14年3月生まれの子へ
にほんブログ村