わくわく鉄道ランド in 仙台と誕生日プレゼント

連休二日目の今日は「わくわく鉄道ランド in 仙台」に行って来ました!

夢メッセみやぎでの開催。
相当な人混みなんだろうなーと思っていたら案の定そうでした。
開場時間前に到着したかったけど、寝坊とチケット忘れで家に戻ったりして、会場に入れたのが11時過ぎ。

トーマスに乗る、という最大の目的の場所へ行くと…待ち時間150分のプラカードが!

事前に他のブログで見た過去の鉄道ランドのについての「ディズニーのアトラクション並みに並ぶ…」というのは本当だったのね。

諦めて隣のアウトレットの遊び場にあるトーマスで誤魔化そうか…と思いましたが、この日を楽しみにしていた息子は乗る気満々。

「順番までママとお昼食べていろいろ見て周ろう」と息子に話して、パパがトーマスの列に並ぶことに。
夫よ、お疲れ様でした。
お昼の差し入れも私たちの唐揚げの残りで申し訳ない。
並ぶの替わるから昼食べてきたら、と言っても「いいからいろいろ見てきなよ」と言ってくれて有難かったなー。

他のミニトレインの乗車も90分待ちとかでみんな並んでいたよ。
ミニトレインは別のイベントで今年は二度ほど乗っているのでこれはパス。
息子も乗りたい!と言いださなかったので助かりました。

プラレールの体験やNゲージの運転もあったけど、プラレールは持ってるし、運転も夏に行ったイベントで体験済みだったからこれもスルー。

お昼食べて、鉄道グッズの販売ブース見て、ジオラマでいろいろな列車が走るのを見たり、一畳プラレールのレイアウト見て周ったりしているうちに結構時間経ったかな。

そんなこんなでトーマスの時間まであとちょっとかなーという時、BRIOの体験ブースで遊びたいと息子が言い出した。

BRIOかどうか不明だけど保育園にも木製レールはあるから、保育園で遊べるからいいかなと思っていたらまさかの遊びたいコール。

その時点で13時半。
最終(15時45分)の整理券配布してたのでそれを貰い、待たないと遊べないよ、と息子に説明していたら、他の親子が何やらブースの人に話してて、よくよく聞いたら例えば13時半の回に整理券の規定の人数が来なかったりしたら近くにいる他の時間の人に声をかけて入場させてくれる、ということで近くで待ってみることに。

そうしたら次の13時45分の回で遊ぶことができました。
もしかしたら、来なかった人は待つのに疲れてもう帰った人がいたのかもしれない。

BRIOの体験は15分。
その間、BRIOの販売ブースを下見。
買う予定はなかったのだけど、なんと全て半額!
夫に電話をして、息子が欲しいと言ったら買ってもいいか聞いたらOKの返事。

終了の合図にまだ遊ぶと一人だけごねていましたが、なんとか説得し、販売ブースへ。

息子は列車と荷物をクルクルと持ち上げるのが気に入った模様。
後はセットものを私がいくつか選びどれがいいか選ばせたら、鉄道セットがいいとのこと。

このスターターキット、レイアウトが5パターンくらいできて、列車も入っていてかなりお得です。
10800円が半額の税込5000円。
息子が選んだおもちゃ合わせて計7100円。





これは誕生日プレゼントにさせてもらうことにしました。
息子本人もいいよーと言ってたけど、プラレールも欲しいみたいなことを言うのでクリスマスまで待とう、と話しました。
どこまで理解したかな~、とちょっぴり不安。

と、まぁこんな感じで息子は帰り道楽しかったー!を連発。
あんな人混み次回は遠慮したいですが、子のためならきっと連れて行くのかなー。
半額BRIOを買いに行くのにはいいかも、なんて。

入場料プラス、遊ぶためのチケットに1000円分買いましたが、200円分余りました。
1日じゃ使い切れないのかも…。

でも、息子が楽しんでくれて良かった。

会場出た後、隣のアウトレットに行ったら、ミニトレインに乗れるというイベントやってた…。
ま、トーマスに乗れたから良かったよね☆






関連記事
スポンサーサイト
--------------------------------------
ランキング参加しています
にほんブログ村 子育てブログ 2013年4月~14年3月生まれの子へ
にほんブログ村